悠久の聖地 伊勢神宮の旅 (ガイド付きカスタマイズツアー)

エリア: 三重県
  • アウトドア
  • 健康・美・癒し
  • ロマンティック
  • 観光
  • 現地の人との交流
  • 斬新で奇抜
  • 食べ物
  • 伝統文化

現在の閲覧者数

19

“Here in this holy place, I feel the underlying units of all religions. ”
(この聖地において私は、あらゆる宗教の根底を成すものを感じます)
             ― アーノルド・トインビー博士(1967年、三回目の参宮にて)

「神を追い求めてやまない」歴史家のアーノルド・トインビー博士は、伊勢神宮が「聖地の中の聖地」と感じ、神楽殿の記帳簿にこのように記しました。

2000年を越える悠久の歴史をもつ伊勢神宮は、日本人にとって最も重要な聖地です。この聖地への参拝は、生まれ変わるような感覚をもたらせてくれると言います。

そして近年では、国内だけでなく海外からの参拝者も増えています。

2016年5月にはG7サミットが伊勢志摩で開催されました。伊勢神宮が要人たちの訪問地として選ばれたこともあり、今や世界の中でもっとも神聖なスポットの1つとして注目を集めています。

このツアーでは、お客様のご要望とご関心をお聞かせいただき、三重県のローカルガイドが特別な行程をご提案させていただきます。
(*このツアーは、カスタマイズツアーですので、スタンダードの選択はございません。)

提案可能な体験の一例をご紹介します

1) 御神楽奉納
内宮または外宮の神楽殿での御神楽を奉納していただくことができます。
詳しくは、「内宮神楽殿」「外宮神楽殿」のスポット紹介ページをご覧ください。

2)外宮・内宮共に毎月1日・11日・21日の1が付く日に神馬の見参が行われており、見学が可能です。
この神馬たちは、皇室で大切に育てられた馬たちで、見参の日には、正装をして大神にご挨拶に伺います。

3) 日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)
外宮では、1日も欠かすことなく、毎日御饌祭が執り行われています。
忌火屋殿(いみびやでん)で忌火をおこし、神様への神饌が用意されます。
このツアーでは、その御饌が運ばれる様子をご案内させていただきます。

この他にも、神宮では数々の神事が行われています。
ご来訪の日にあわせて、ガイドがご提案させていただきますのでお気軽にお尋ねください。

*その他の詳細情報は、最初のスポットの説明文に、参照リンクでご案内しています
(コースのご購入後にご覧いただけます)。



サプライヤー
情報

75件の
投稿

コース
情報

  • 1件

現地支払い費用

$88.60 -

Price

$442.98~

所要時間

7-8 時間 (行程により変動)

現地支払い費用に含まれるもの

1) タクシー代: 約10000円

*タクシー代は、道路・交通事情により変動します。
*移動に便利なハイヤーの利用も可能です。





現地支払い費用に含まれないもの

1) 出発点(伊勢市駅)までの交通費
2) 昼食代
3) 神楽奉納の玉串料 (15000円~)
4) 御垣内参拝にかかる費用 (2000円/人)


注意事項

< 内宮・外宮の参拝可能時間 >
10月、11月、12月…AM5:00~PM5:00
1月、2月、3月、4月、9月…AM5:00~PM6:00
5月、6月、7月、8月…AM5:00~PM7:00

*ここに表示されているツアー価格には、ガイド代と待ち合わせ場所までのガイド交通費が含まれています。

所要時間

7-8 時間 (行程により変動)

主要都市からの所要時間

電車でのアクセス

東京から
・東京-(新幹線「のぞみ」 1時間41分)-名古屋-(近鉄特急 1時間21分)-伊勢市駅

名古屋から
・名古屋-(近鉄特急 1時間21分)-伊勢市駅

大阪から
・大阪-(松阪乗換え 近鉄特急 1時間48分)-伊勢市駅

京都から
・京都-(八木, 松阪乗換え 近鉄特急 2時間23分)-伊勢市駅
または
・京都-(新幹線 46分)-名古屋-(近鉄特急 1時間21分)-伊勢市駅

オススメの出発時間

1) 季節は問いませんが、季節により参拝可能時間が異なりますのでご留意ください。

ツアー申込先

コース目次



みんなの評価

× 1
とても良い
100%  
良い
0%  
普通
0%  
悪い
0%  
とても悪い
0%  
I was satisfied with my knowledgeable guide!
A full-day guided tour of Ise-Jingu, the birth place of Japanese Shintoism. My personal guide was Hiromi who, with her profound knowledge of local history and Japanese mythology, guided me through a labyrinth of shrines connecting each shrine with an episode of Japanese folklore. As an atheist I was interested in learning about the political impacts of Shintoism in Japanese history and interested in comparing Japanese mythology with those of other civilizations, in particular with Greek mythology. About the same period of around 600 BC, both Ise shrines and the Apollo temple in Delphi were built. Both sites are surrounded by beautiful natural scenery and by towns that accommodate pilgrims visiting the divine sites.
The trip was successful primarily because of the high quality of personal guides and their connections with local people whom you don’t have a chance to meet when travelling by yourself.
Hiromi was so knowledgeable and caring that she prepared a small booklet of reading materials for me to take home and learn about the history of Ise-Jingu. Also, prior to the trip, we exchanged many emails to customize the trip matching my interest. In one of the emails she brilliantly answered my question about the differences between Shintoism and Jukyou (Confucius). In another email she attached an article of Arnold Toynbee’s view on Shintoism that helped me greatly to understand Shintoism. Finally, Hiromi was a good photographer, taking pictures of key locations we visited and emailed them to me after the trip, in the order of our visit, comprising a photo journal of my trip!


人気のタグ